笛野はすなオフィシャルサイトブログ規約セッションの案内スピリチュアルリーディング実例笛野はすなオフィシャルサイトトップへ

 

● ブログサイトへリンク
● 悪魔が住み着く
● 居ない方がいいのだろうか
● 写真でも人間性が見える
● 何故こんな会社に
● 鬼の石 
● 鬱病
● 本当の姿
● 氏神様
● 観光地の負のエネルギー 
● 赤ちゃんが欲しい
● 頭痛で悩んでいます
● 人と違う
● 仏壇と墓参り
● 嘘つきと餓鬼
● ダイエットと真実
● 外がうるさい
● 引きこもり
● 鼻炎
● 何度も死にかけた

会社に行きたくない    どうしてこんな会社に派遣されたのだろう

派遣会社に席をおく女性のお話です。何度が面接をしてなかなか決まりませんでしたが、「やっと条件に合う会社が近所に派遣されたと思ったら、人間関係がうまくいきません。仕事の内容も自分に合っていないのです。毎日が苦痛です。」という事でした。

スピリチュアルリーディングしてみても、大きな問題はありませんでした。そうすると以前、勤めていた会社が関係してきます。円満退社で、責任も果たしてやめていると、次の会社もスムーズになじめるものです。

しかし、どうしてもこの人がいるからこの会社には居たくない。という理由で辞める場合、次の会社に行っても嫌な人が居て辞めたくなるのです。あるいは短期間しか勤められないといった障害が、起きてきます。

その人に克服しなければならない試練は連鎖されます。どんなに辛い人間関係でも我慢ということをして、魂を上げていかねばなりません。逃げていくのは簡単な事ですが、それを乗り越えることが大切だと思います。

辛いことを我慢して克服することは苦しみに繋がります。しかし、その苦しみは人との関わりを勉強して、心の痛みを知ります。心の痛みは他人に対しての心を知ることにもなります。

なんとかして、辞めないでください。連鎖を切らなければなりません。と伝えました。また、その職場で重要な人間関係があるのではないかと思えていました。

我慢して、2ヶ月という期限がきました。更新の日にてっきり違う会社へと希望されるかと思っていたのですが、その方はそのまま、更新しました。人間関係は相変わらず嫌だけど、やる気だけはあるんです。とお話されていました。

嫌な仕事を克服しています。苦手な仕事内容だったと思いますが、これで苦手な分野に対して自信が付いたことでしょう。

忍耐と責任を勉強したのかもしれません。魂が上がると、今までの友人とも切れる時です。類は友を呼ぶのでしょう。引っ越していってしまったり、何となく疎遠になったり、喧嘩別れしたり、これも法則の様なものなので仕方ないと思えています。

戻る   次へ

パワーストーンのお店 風蓮の宝石箱

ホーム  スピリチュアルリーディング実例  セッション案内  規約  ブログ  プロフィール  リンク集  相互リンク集